ホーム > 美濃路散策ガイド

「麒麟がくる」をめぐる 光秀が、信長が、秀吉が歩いた美濃路散策ガイド

美濃路散策ガイド

美濃路

 美濃路は、中山道垂井宿(岐阜県不破郡垂井町)と東海道宮(熱田)宿(愛知県名古屋市)とを結ぶ全長約58kmに及ぶ街道でした。中山道の木曽谷、東海道の鈴鹿峠や七里の渡しといった難所を避けることができるため、多くの人がこのんで通行したほか、大名行列をはじめ、朝鮮通信使、琉球使節、お茶壷道中などにも利用される重要な街道でした。
 また、関ケ原合戦の後、徳川家康が凱旋しためでたい道であったことから「御吉例街道」と呼ばれています。

美濃路マップ
  • 垂井宿
    垂井宿は中山道第57番目の宿で、中山道と東海道を結ぶ美濃路の分岐点となる宿場です。中山道の合流する手前には美濃路沿いで唯一の松並木が残り、宿の西日守には国指定史跡の一里塚があり、当時の街道の面影をうかがうことができます。
  • 大垣宿
    戸田氏10万石の城下町であり、美濃路の宿場町でもありました。桑名へと続く水門川を利用した舟運の拠点である船町港があり、水・陸運ともにさかえ、にぎわいました。本陣1軒(竹島町)、脇本陣1軒(本町)、問屋場(伝馬町のちに竹島町)があり、松尾芭蕉が紀行文学『奥の細道』のむすびの地として訪れたことで知られています。
  • 墨俣宿
    豊臣秀吉の出世の足がかりとなった墨俣は、鎌倉街道が通るなど古くから交通の要衝として知られています。墨俣の東を流れる墨俣川(長良川)には渡船場があり、享保14年(1729)ベトナムから来た象が、長崎から江戸へ下る際、ここから船で渡りました。
  • 起宿
    起川(木曽川)沿いに3ヶ所の渡し口をもつ渡船場の宿場としてにぎわいをみせました。将軍家、朝鮮通信使などの通行の際に起川に架けられた船橋は、270隻以上もの船をつなげたもので、国内でも最大級の規模でした。
  • 萩原宿
    萩原宿は、天保14年(1843)の資料(「美濃路宿村大概帳」)によると、人口、家数ともに美濃路の中では最も小さい宿場で、宿役は萩原、西之川、串作の3村が勤めました。
  • 稲葉宿
    稲葉宿は稲葉村と小沢村によって構成された宿場でした。本陣、脇本陣のほか問屋場が3か所あり、東問屋場(小沢村)を原氏、中問屋場(稲葉村東町)を伊東氏が勤め、西問屋場(稲葉村西町)は原氏と伊東氏の両氏が、1問屋場2日交代で勤めたといいます。
  • 清洲宿
    慶長7年(1602)に清洲城下に宿場が設けられましたが、慶長15年(1610)の名古屋城築城により荒廃した後、元和2年(1616)に美濃路の宿として再び整備されました。その後火災で宿場は焼失し、これを機に宿場を五条橋近くの神明町に移しました。
  • 名古屋宿
    名古屋宿は尾張藩の城下町で、通常の宿場とは異なり、本陣や脇本陣はなく、旅籠屋も宿場内にはありませんでした。そのため、諸大名の宿泊はなく、名古屋宿は通過するのみでした。一般の旅人は、宿場に近い玉屋町にあった旅籠屋を利用しました。
  • 宮(熱田)宿
    宮宿は、熱田神宮の門前に位置するため宮の宿、熱田宿とも呼ばれ古くから栄えました。門前町であるとともに、桑名宿への七里の海上渡し場であり、佐屋路(さやじ)・美濃路の分岐点でもありました。

スポット

美濃路を歩きながら『麒麟がくる』をめぐる

垂井町 竹中氏陣屋跡
竹中氏陣屋跡1
竹中氏陣屋跡2

豊臣秀吉の右腕であった軍師・竹中半兵衛は、明智光秀とともに約10年以上、織田信長の下に仕えました。半兵衛が育った垂井町岩手には竹中氏ゆかりの陣跡が残っており、その白壁の櫓門や石垣、そして半兵衛の銅像は、垂井町を代表する観光スポットになっています。
陣屋跡の北に位置する竹中家の菩提寺・禅幢寺には、半兵衛の墓もあり。

所在地 垂井町岩手619-2
定休日 なし
電話番号 0584-22-7515
大垣市 大垣城
竹中氏陣屋跡1
竹中氏陣屋跡2

大河ドラマ「麒麟がくる」でもその名と姿が登場した大垣城は、交通の要所であり、尾張との国境近くに位置しする重要拠点であったため信長の父・織田信秀と斎藤道三の間で激しい奪い合いになりました。
昭和20年、惜しくも戦災で焼失したものの、かつて城を守っていた外堀は水門川としてその姿を残し、復興された天守は大垣市のシンボルとして親しまれています。

所在地 大垣市郭町2-52
定休日 火曜、祝日の翌日
電話番号 0584-74-7875
曽根城址(華渓寺)
曽根城址(華渓寺)
曽根城址(華渓寺)2

大河ドラマ「麒麟がくる」にも登場する、稲葉一鉄(稲葉良通)の居城、曽根城。稲葉一鉄は戦国時代、斎藤氏の家臣の中でも特に優れた「西美濃三人衆」の筆頭で、「頑固一徹」の語源にもなった人物です。
城跡の西側にある曽根城公園では、毎年初夏のころに美しいハナショウブが一面に花を咲かせます。

所在地 大垣市曽根町1丁目772番地1
定休日
電話番号 0584-81-7535
大垣市 三輪酒造
三輪酒造1
三輪酒造2

天保8年創業、岐阜・日本を代表するブランドとして世界に広く愛されている三輪酒造。
地元武将の名を関する酒『道三 吟雪花』は、山田錦を低温発酵でじっくりと醸す大吟醸酒で、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」金賞受賞の逸品です。
「酒の芸術品」と言われる、コクと香りの絶妙な組み合わせ。スッキリとした喉ごしと旨味をお楽しみください。

所在地 大垣市船町4-48
定休日 日曜、祝日
電話番号 0584-78-2201
大垣市 大橋量器
大橋量器1
大橋量器2

枡の生産量、全国の約8割を占める岐阜県大垣市にある大橋量器から、大河ドラマ「麒麟がくる」タイトルロゴ許諾商品である「美濃戦国枡」が登場。
戦国時代の美濃を動かした武将と大垣市の特産品である枡がコラボし、新たな戦国武将グッズが誕生しました。「麒麟がくる」のタイトルロゴとともに、それぞれの武将の名前と家紋がデザインされています。

所在地 大垣市西外側町2丁目8番地
定休日 不定休(※年末年始・お盆は休み)
電話番号 0584-78-5468
大垣市 寺町界隈
寺町界隈1
寺町界隈2

大垣市の景観遺産にも指定されている墨俣宿の寺町界隈。その名の通り古くからの寺院が集まり、昔の面影を残しています。
各寺院には文化財が多く、熊谷院 満福寺には豊臣秀吉の書と伝わる寺宝も。(要予約)
早春のころ、境内に鮮やかな白・紅・桃色の枝垂れ梅が咲き乱れる受光寺もまた、寺町の大きなおすすめスポットです。

所在地 大垣市墨俣町墨俣寺町
定休日 なし
電話番号 なし
大垣市 墨俣一夜城
墨俣一夜城1
墨俣一夜城2

信長の岐阜城攻めに際し、のちの豊臣秀吉(当時の木下藤吉郎)が一夜にして築いたと伝えられる墨俣一夜城。
秀吉が「天下人」となる出発点として「秀吉出世城」とも呼ばれています。
 「出世橋」と呼ばれる橋を渡って城へ向かうと、のちの豊臣秀吉となる木下藤吉郎の銅像が。城周りのあちこちで見かける秀吉のシンボル的存在、「ひょうたん」にも注目。

所在地 大垣市墨俣町墨俣1742-1
定休日 月曜、祝日の翌日
電話番号 0584-62-3322
安八町 森部薬師堂
森部薬師堂1
森部薬師堂2

西美濃を侵攻する織田信長軍1500騎と、それを阻止せんとする斎藤龍興軍6000騎が戦った「森部合戦」は、織田軍が圧倒的少人数でありながら勝利をおさめました。
合戦の後、信長はここ森部薬師堂付近で首実検を行い、戦没者を葬ったといいます。薬師堂には合戦戦没者をまつる石塔があり、首実検の際に信長が鎧を掛けたと伝わる「鎧掛けの松」が立っています。(現在は2代目)

所在地 安八町森部下河原2831
定休日 なし
電話番号 0584-64-3111
岐阜市 岐阜市歴史博物館(麒麟がくる 岐阜大河ドラマ館)
岐阜市歴史博物館(大河記念館)1
岐阜市歴史博物館(大河記念館)2

岐阜城のある金華山麓、岐阜公園内にある岐阜市歴史博物館では、2021年1月11日までの期間、博物館2階に「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」が開設されています。
作中に登場した衣装や小道具、撮影の様子などが公開され、道三の館を再現した迫力のスタジオ再現セットもあり。「麒麟がくる」出演者によるコメント色紙なども、ファンには嬉しい見どころのひとつです。

所在地 岐阜市大宮町2丁目18-1
定休日 なし
電話番号 058-201-3838
岐阜市 岐阜城
岐阜城1
岐阜城2

斎藤道三の居城であり、当時は稲葉山城と呼ばれていた岐阜城。のちに織田信長が天下取りの足掛かりとしてこの城を攻略し、居城としました。
信長は城郭と城下町を整備。この地の地名を「岐阜」に変更し、城の名前を岐阜城に改めました。
金華山の山頂に位置する山城で、当時は難関不落の城。復興された現在の天守は岐阜市を象徴するシンボルとして親しまれています。

所在地 岐阜市金華山天守閣18
定休日 なし
電話番号 058-263-4853
岐阜市 常在寺
常在寺1
常在寺2

斎藤家の菩提寺で、斎藤道三とその父が二代にわたり、美濃を制する拠点としたお寺。
境内には斎藤道三公供養碑のほか、国指定重要文化財に指定されている道三や義龍の肖像画などが展示・公開されています。
毎年4月の第1土曜日に開催される道三まつりにあわせ、「斎藤道三公追悼式」が行われます。

所在地 岐阜市梶川町9
定休日 なし(臨時休館あり)
電話番号 058-263-6632
羽島市歴史民俗資料館・羽島市映画資料館
羽島市歴史民俗資料館・羽島市映画資料館
竹ヶ鼻城跡2

館内は、円空、織物、輪中などの郷土資料を所蔵展示しているほか、全国的にも珍しい公立の映画資料館が併設されており、約9万3千点もの映画資料が所蔵されています。
毎月第2土曜日には、映画上映を行っており、昔懐かしい映画をご覧になれます。また、すぐ前には竹ヶ鼻城跡の記念碑があります。

所在地 羽島市竹鼻町2624-1
定休日 毎週月曜日・祝日の翌日・年末年始(12月28日~1月4日)
電話番号 058-391-2234
一宮市 聖徳寺跡
天神の渡し跡1
天神の渡し跡2

1553年、織田信長と斎藤道三が初めて会見した寺院、聖徳寺。道三が信長の才能を見抜いた会見として知られています。
現在は一宮市のバス停になっており、傍らに聖徳寺跡の石碑と説明版が建てられています。

所在地 一宮市冨田字大堀413-5
定休日 なし
電話番号 なし
稲沢市 勝幡城跡
勝幡城跡1
勝幡城跡2

戦国時代における尾張の重要な城で、織田信長が生まれた城とされています。城跡には石碑や説明版が建てられ、現地から600mほどの勝幡駅前広場では、勝幡城推定復元模型や幼少期の信長像も見ることができます。

所在地 稲沢市平和町城之内
定休日 なし
電話番号 なし
稲沢市 長光寺
長光寺1
長光寺2

清洲時代の織田信長の遊び場であったと伝わるお寺。尾張六地蔵の一つで、境内の真ん中に建つ地蔵堂が六角の円堂になっているため六角堂と呼ばれるようになり、一帯の地名の由来にもなりました。
境内の奥には臥松水(がしょうすい)という井戸があり、信長がこの井戸水を愛飲したと言われています。

所在地 稲沢市六角堂東町3丁目2-8
定休日 なし
電話番号 0587-32-3971
清須市 總見院
総見院1
総見院2

本能寺の変の後、織田信長の息子・信雄が信長の菩提を弔うために創建したとされるお寺。本能寺の焼け跡を捜索させて見つかった、信長の焼け兜が奉納されています。境内には信長の供養塔もあり。

所在地 清須市大嶋1-5-2
定休日 なし
電話番号 052-400-3322
清須市 清洲城
清州城1
清州城2

若き日の織田信長が、天下への足掛かりを掴んだ地として知られる清洲城。信長はこの清洲城から桶狭間の戦いに出陣し、宿敵であった今川義元を討ち果たします。
また、隣国・三河の徳川家康との同盟(清洲同盟)もこの城で結ばれました。他にものちの天下人・豊臣秀吉と、その親友であり片腕的存在となる前田利家がこの地で出会うなど、清洲城は歴史の重要な局面の舞台となったお城です。

所在地 清須市朝日城屋敷1-1
定休日 月曜(休日の場合は直後の平日)
電話番号 052-409-7330



▲このページのトップへもどる