ホーム > 映画 聲の形 大垣市 舞台モデル紹介

映画 聲の形 大垣市 舞台モデル紹介

映画 聲の形
映画「聲の形」とは
大垣市出身の漫画家大今良時先生の漫画「聲の形」を原作とする劇場アニメ。
平成28年9月17日より、全国ロードショーされ、現在大ヒット上映中。
作中に登場する地名は架空のものですが、大垣市をモデルとする風景が多く登場します。
映画「聲の形」あらすじ
“退屈すること”を何よりも嫌う少年、石田将也。
ガキ大将だった小学生の彼は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。
彼女が来たことを期に、少年は退屈から解放された日々を手に入れた。
しかし、硝子とのある出来事がきっかけで将也は周囲から孤立してしまう。
やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。
“ある出来事”以来、固く心を閉ざしていた将也は硝子の元を訪れる。
これはひとりの少年が、少女を、周りの人たちを、そして自分を受け入れようとする物語―。

原作者 大今良時先生より一言
大垣の懐かしい風景に導かれてこの作品ができました。大垣に暮らすたくさん人々の協力がなければ完成しなかった映画だと思います。ありがとうございました。ぜひご覧になってください。
イメージ
舞台のモデル

A.大垣公園


大垣公園
大垣公園

大垣城の西に位置する公園。大型複合遊具や、イルカの噴水池が人気です。
舞台住所:岐阜県大垣市郭町2丁目53

イメージイメージイメージイメージイメージイメージ


B.新大橋


新大橋

水門川にかかる橋。駅通りの南北の中心に位置します。
舞台住所:岐阜県大垣市郭町1丁目

イメージイメージ


C.大垣駅


大垣駅
大垣駅

大垣市の玄関口。JRほか、養老鉄道、樽見鉄道が乗り入れ、通勤通学客も多く利用しています。
舞台住所:岐阜県大垣市高屋町1丁目145

イメージイメージイメージイメージ


D.四季の広場


四季の広場
四季の広場

美登鯉橋や、滝のトンネルなど、様々なスポットがあります。
舞台住所:舞台住所:大垣市馬場町159

イメージイメージイメージイメージイメージイメージ


美登鯉橋


美登鯉橋

ポスター画像にも登場するこの橋は、水門川の四季の広場にある美登鯉橋です。
舞台住所:大垣市馬場町159

四季の広場の鯉
四季の広場の鯉
イメージイメージイメージ


E.揖斐川周辺


揖斐川周辺
揖斐川周辺

夏には、花火大会が開催されます。
舞台住所:大垣市万石町

イメージイメージ


F.大垣駅通り


大垣駅通り

大垣駅通りの商店街です。
舞台住所:大垣市郭町1丁目34番地

イメージ


G.総合福祉会館


総合福祉会館
総合福祉会館
総合福祉会館

すべての市民の福祉活動の拠点として、また、憩いの場として、幅広く利用されている施設です。
舞台住所:大垣市馬場町124

イメージイメージイメージイメージイメージイメージイメージイメージイメージイメージイメージ


H.神田町1丁目交差点


神田町1丁目交差点

神田町1丁目の交差点の付近です。
舞台住所:大垣市神田町1丁目

イメージ


I.青柳橋


青柳橋

通称「もぐり橋」
舞台住所:岐阜県大垣市青柳町1丁目38

イメージイメージ


舞台マップ


  1. 大垣公園
  2. 新大橋
  3. 大垣駅
  4. 四季の広場
  5. 揖斐川周辺
  6. 大垣駅通り
  7. 総合福祉会館
  8. 神田町1丁目交差点
  9. 青柳橋





コミック編