ホーム > 宝光院 はだか祭

宝光院 はだか祭

宝光院 はだか祭

概要・スケジュール

とき 平成28年2月3日(水)
<例年2月3日>
はだか祭01
ところ
宝光院(大垣市野口1丁目39-1)


交通・アクセス 当日は、名阪近鉄バスにより、大垣駅から宝光院(野口町)までの区間を臨時バスが運行されます。
詳しくはこちら

スケジュール
内容 時間
ご祈祷 午前8時から午後6時ごろまで
豆打ち式 1時間に1回程度。時間は現地の張紙にて。
裸男出場 午後1時30分ごろ
川渡り 午後2時30分ごろ
心男遷座 午後2時45分ごろ

はだか祭とは

 毎年2月3日、節分の日に行われる「節分会はだか祭」は、一年間のわざわい・厄を杭瀬川に入って身を清め、厄除開運を祈願するという伝統の行事です。

 厄年を迎える男たちが「宝光院裸祭」と書かれた六尺ふんどしを着け川を渡り、厄を落とすという「みそぎ川渡り」が有名で、冬の川を渡ることを人生の苦難を乗り切ることにたとえています。

はだか祭02 はだか祭03

はだか祭04 はだか祭05

臨時バス

当日は、名阪近鉄バスにより、大垣駅から宝光院(野口町)までの区間を臨時バスが運行されます。
運行 名阪近鉄バス
順路 大垣駅発  9:50~15:50内 毎時20分と50分
野口発 10:15~16:15内 毎時15分と45分
所要時間 約20分
運賃 片道360円(小児:180円)
詳しいバス運行予定は、名阪近鉄バス公式サイト「大垣野口の宝光院はだか祭臨時バス運転について」の欄をご覧ください。

お問い合わせ

宝光院 TEL:0584-91-8326
 (臨時バスについては、名阪近鉄バス TEL:0584-81-3326)