ホーム > 西美濃・北伊勢 ハイキングコース > 9.中山道赤坂宿まつりと昼飯大塚古墳

9.中山道赤坂宿まつりと昼飯大塚古墳

 
9.中山道赤坂宿まつりと昼飯大塚古墳
コース距離
約13.0km

大垣市赤坂町を中心に、赤坂宿、昼飯大塚古墳、御首神社、四季の路を散策します。赤坂宿は中山道の宿場として栄え、歴史を感じることができます。赤坂宿まつり当日は、「皇女和宮と姫宮行列」を再現し、往時をしのぶ華麗な時代絵巻を楽しめます。

9.中山道赤坂宿まつりと昼飯大塚古墳
(平成29年11月5日()に実施したコースです。)
コースルート
コース見どころ
赤坂宿(中山道赤坂宿まつり会場)

赤坂宿(中山道赤坂宿まつり会場)

赤坂宿は、旧杭瀬川の「赤坂港」や谷汲山巡礼で賑わった56番目の宿場です。宿場内は昔らしい町並みが見られ、将軍専用の休泊所であった「お茶屋屋敷跡」や「赤坂港跡」「本陣公園(本陣跡)」など整備された遺構も多く、往時を偲ぶことができます。

昼飯大塚古墳

昼飯大塚古墳

今から約1600年前に築かれた岐阜県最大の前方後円墳です。墳丘の長さが150mになることやその構造が三段築成となる点、さらには後円部の頂上に堅穴式石室、粘土槨、木棺直葬という3つの埋葬形態が存在する点が特徴。

御首神社

御首神社

平安時代中期の天慶の乱に敗れた平将門公の首を崇め祀るために創建されたと伝えられています。この神社は首から上の諸祈願に御利益があるといわれ、毎年多くの受験生らが訪れています。

画像をクリックすると拡大します

▲このページのトップへもどる