ホーム > 西美濃・北伊勢 ハイキングコース > 5.大垣市曽根城公園花しょうぶ祭

5.大垣市曽根城公園花しょうぶ祭

 
5.大垣市曽根城公園花しょうぶ祭
コース距離
約7.0km

約170種・28,000株が色とりどりに咲き誇る曽根城公園の花しょうぶ。花しょうぶ祭ではステージイベントやバザーが開催され、いつものハイキングにプラスの楽しみを!
華渓寺、春日神社、勧学院も巡れ、歴史を感じれるコースになっています。

5.大垣市曽根城公園花しょうぶ祭
(平成29年6月11日()に実施したコースです。)
コース見どころ
華渓寺(曽根城跡)

華渓寺(曽根城跡)

全国でも珍しい本丸跡に建つ寺院。
日本の李白とまでいわれた漢詩人、梁川星巌(やながわせいがん)の生家でもあり、「梁川星巌記念館」が同寺院の敷地内にあります。
地下149mから自噴している「曽根華渓寺の福水」は飲むことが出来ます。

曽根城公園

曽根城公園

斉藤道三や織田信長に仕え、西美濃三人衆の一人といわれた稲葉一鉄の居城跡。公園内にある5か所の花菖蒲池には、約170品種28,000株の花しょうぶが植えられ、見ごろとなる6月中旬には色とりどりの花が鮮やかに咲き誇る名所となっています。

春日神社

春日神社

奈良の春日大社とゆかりがある神社です。境内地の入り口には高さ9.6mの一の鳥居が建っており、二の鳥居につづく参道の桜並木は花見の季節はとても壮観です。本殿は春日大社を彷彿とさせる朱塗りの壁と緑のたて格子がとても味わい深い。手水舎は、鎌倉の鶴岡八幡宮の手水舎屋形に同型同寸に造られており、鎌倉文化独特の力強さをみることができます。また境内には自噴の井戸があり絶えることなく水が湧き出ています。

画像をクリックすると拡大します

▲このページのトップへもどる