ホーム > 西美濃イベント情報 > 朝鮮通信使ゆかりの地スタンプラリー

朝鮮通信使ゆかりの地スタンプラリー

 
朝鮮通信使ゆかりの地スタンプラリー
とき
平成30年4月28日()~11月25日(
参加手順
  1. ラリーカードを入手しよう!(奥の細道むすびの地記念館や各地の観光案内所などで配布)
  2. ゆかりの地を巡ってスタンプを押そう!
  3. スタンプを集めたら奥の細道むすびの地記念館へ行って賞品をもらおう!
賞品
7個以上のスタンプを集めた方には …
特製トートバッグをプレゼント!

スタンプラリーポイント一覧

1.長崎県対馬市
対馬観光物産協会
対馬観光物産協会

住所:対馬市厳原町今屋敷672-1
電話:0920-52-1566
料金:無料
時間:8:45~17:30
休日:12/29~1/3

2.長崎県壱岐市
壱岐市立一支国博物館
壱岐市立一支国博物館

住所:壱岐市芦辺町深江鶴亀触515-1
電話:0920-45-2731
料金:観覧料 一般400円 他
時間:8:45~17:30(最終17:00)
休日:月曜(祝休の場合翌日)、12/29~12/31

3.山口県下関市
下関市立歴史博物館
下関市立歴史博物館

住所:下関市長府川端2-2-27
電話:083-241-1080
料金:常設展 一般200円 他
時間:9:30~17:00(最終16:30)
休日:月曜(祝休の場合翌日)、12/28~1/4

4.山口県上関町
道の駅 上関海峡
道の駅 上関海峡

住所:熊毛郡上関町大字室津904-15
電話:0820-62-1186(上関町観光協会)
料金:無料
時間:8:30~18:00
休日:1/1~1/3

5.広島県呉市
松濤園
松濤園

住所:呉市下蒲刈町下島2277-3
電話:0823-65-2900
料金:一般800円 他
時間:9:00~17:00(最終16:30)
休日:火曜(祝休の場合翌日)、12/29~1/1

6.広島県福山市
福禅寺
福禅寺

住所:福山市鞆町鞆2
電話:084-982-2705
料金:一般200円 他
時間:8:00~17:00
休日:年中無休

7.岡山県瀬戸内市
牛窓海遊文化館
牛窓海遊文化館

住所:瀬戸内市牛窓町牛窓3056
電話:0869-34-5505
料金:一般300円 他
時間:9:00~17:00(最終16:30)
休日:水曜、12/29~1/3

8.兵庫県たつの市
たつの市立室津海駅館
たつの市立室津海駅館

住所:たつの市御津町室津457
電話:079-324-0595
料金:一般200円 他
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休日:月曜、祝日翌日、月末、12/28~1/3

9.兵庫県神戸市
兵庫津歴史館岡方倶楽部
兵庫津歴史館岡方倶楽部

住所:神戸市兵庫区本町2-3-33
電話:078-367-3838
料金:無料
時間:10:00~17:00
休日:月曜~金曜(土日祝のみの営業)

10.京都府京都市
高麗美術館
高麗美術館

住所:京都市北区紫竹上岸町15
電話:075-491-1192
料金:展示内容により変更有
時間:10:00~17:00(最終16:30)
休日:水曜(祝休と重なる場合は開館し、翌木曜日休館)、年末年始
※展示替休館である5/29~6/13は正面向側に設置

11.滋賀県近江八幡市
旧伴家住宅
旧伴家住宅

住所:近江八幡市新町3-15
電話:0748-32-1877
料金:一般400円 他
時間:9:00~16:30
休日:月曜(祝休の場合翌日)、年末年始

12.滋賀県彦根市
彦根観光協会
彦根観光協会

住所:彦根市本町1-12-5 ひこね街なかプラザ内
電話:0749-23-0001
料金:無料
時間:8:45~17:30
休日:12/29〜1/3

13.滋賀県長浜市
高月観音の里歴史民俗資料館
高月観音の里歴史民俗資料館

住所:長浜市高月町渡岸寺229
電話:0749-85-2273
料金:一般300円 他
時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休日:火曜、祝日翌日、12/29〜1/4

14.岐阜県大垣市
奥の細道むすびの地記念館
奥の細道むすびの地記念館

住所:大垣市船町2-26-1
電話:0584-84-8430
料金:無料
時間:9:00~17:00
休日:12/29~1/3

15.愛知県名古屋市
名古屋市蓬左文庫
名古屋市蓬左文庫

住所:名古屋市東区徳川町1001
電話:052-935-2173
料金:一般1,400円 他(徳川美術館と共通料金)
時間:9:30~17:00
休日:月曜(祝休の場合翌日)、年末年始

16.静岡県静岡市
清見寺
清見寺

住所:静岡市清水区興津清見寺町418-1
電話:054-369-0028
料金:一般300円 他
時間:8:30~16:30(最終16:00)
休日:無休

17.東京都台東区
東本願寺
東本願寺

住所:台東区西浅草1-5-5
電話:03-3843-9511
料金:無料
時間:9:00~16:30
休日:寺院の都合により本堂内への立入不可の場合あり

18.栃木県日光市
日光市歴史民俗資料館・二宮尊徳記念館
日光市歴史民俗資料館・二宮尊徳記念館

住所:日光市今町304-1
電話:0288-25-7333
料金:無料
時間:9:00~18:00
休日:月曜(月曜祝休は翌日も休館)、祝日、12/29~1/3

スマホスタンプラリー

とき
平成30年4月28日()~11月25日(
内容
各地のスタンプ台に表示されたQRコードをスマートフォンで読み取る
賞品
18か所すべてのスマホスタンプを集めた方には …
抽選で30人の方に大垣市の特産品をプレゼント!
(当選のご連絡は発送をもって代えさせていただきます)

スマホスタンプラリーをはじめるには、
西美濃ワンダーGOスマホスタンプラリーにアクセスして
登録するだけ!

登録はとっても簡単
登録は簡単
さぁ!スタンプを集めに出かけよう!!
スタンプを集めよう
全部のスタンプが集まったら、サイト上で応募!

賞品は抽選のうえ、当選された30名の方へ発送します。 ※当選は発表をもってかえささえていただきます。


【スマホスタンプラリー よくある質問 】
Q.登録したのにメールが届きません。
A.迷惑メール防止のためメールの受信設定をしている場合は、n-wondergo.comのドメイン指定解除を行ってください。または、PC専用のメールアドレスを利用していませんか?当サイトはスマートフォンで設定されているメールアドレスを推奨しております。
Q.自動ログインしません。
A.当サイトは Cookie を利用して自動ログインしています。Cookie とは様々なサイトの情報を暗号化してブラウザに保存しています。Cookie の保存期間は30日間です。最終ログイン後30日が経過すると、自動ログインが外れますので、再度ログインをお願い致します。また、ご利用のブラウザのキャッシュをクリアすると、自動ログインは外れます。
Q.スタンプが押されません。
A.【ケース1】ログインしたブラウザの「キャッシュをクリア」していませんか?閲覧履歴や Web サイトデータなど、消去すると同時に cookie も消去されます。 再度ログインをして、QRコードを読込んでください。
 【ケース2】i Phone・iPad の場合「プライベートブラウズ」モードになっていませんか? プライベートブラウズが ON になっていると、ログイン状態が保持されません。次の方法でプライベートブラウズを OFF にしてください。【設定方法:iOS8 の Safari の場合】1.iPhone で Safari を立ち上げる。2.右下にある□が 2 つ重なっているタブ切り替えマークをタップする。3.プライベートの背景が白になっていないことを確認する。
 【ケース3】ログインとスタンプが別々のブラウザになっていませんか?例えば、Andoroid 端末で、 ① クロームでログイン済み ② QR リーダーアプリで読み込む ③ ②のアプリから立ち上げたら、標準ブラウザで起動した ④ 標準ブラウザでは、ログインしていないため、再度ログインが必要になります。※ログイン情報は、cookie で管理しております。ログインとスタンプは同じブラウザをご利用下さい。
Q.パスワードを忘れました。
A.ログイン画面のパスワードを忘れた方はこちらをタップしてパスワードの再発行をしてください。ご登録のメールアドレスにパスワードが送られます。IDとパスワードは画面キャプチャやメールを保存するなどをして、大切に保管して下さい。
Q.メールアドレスが変わったのですが。
A.現在のID(登録されているメールアドレス)のままログインしていただき、トップページ最下項目のメールアドレスの変更をタップしていただき、旧メールアドレス・パスワードを入力後、新しいメールアドレスを入力してご変更下さい。メールを送信致しますの、記載のURLにアクセスしていただき、新しいメールアドレスでログインしていただければ、変更完了となります。

ユネスコ世界の記憶
「朝鮮通信使に関する記録 ― 17世紀~19世紀の日韓の平和構築と文化交流の歴史」

●朝鮮通信使
 朝鮮通信使とは、「鎖国」を行っていた江戸時代の日本において、政治・経済・文化の交流使節として正式訪問していた外交使節団です。「通信」とは信義を通わすことであり、使節の第一の目的は朝鮮国王から徳川将軍への書簡をもたらし、返書を受理することでした。江戸時代をとおして12回来日し、初期3回は豊臣秀吉による朝鮮出兵の戦後処理としての使節でしたが、4回目の1636年(寛永13年)からは、正式名称も「通信使」となりました。そののち1811年(文化8年)まで、おもに将軍の代替りを祝して、朝鮮王国から徳川将軍への一大使節団が、沿道各地で盛大なもてなしを受けながら日本を横断して往復したのです。

●使節の編成
 使節のトップは正使・副使・従事官で、あわせて「三使」と呼ばれます。さらに、通訳はもちろん、書家や学者・画家・医師、また旗持や楽隊、曲馬手や料理人・水夫など、総勢約500人にのぼります。すべて男性で、そのうち100人ほどが大坂で船とともに残留し、江戸まで行ったのは400人ほどでした。使節のメンバーが乗る輿や馬の回りには何人もの日本人がつき従い、一行を警護する対馬藩の者、宿泊・休憩を世話する各地の大名たちの送り迎えなどをふくめると、行列全体の数は何千人にもふくれあがったのです。

地図

朝鮮通信使と大垣

●宿泊地・大垣
 江戸時代に来日した12回のうち、伏見で将軍秀忠に謁見した1617年(元和3年)と、対馬での応接となった1811年(文化8年)をのぞいて、使節は美濃路を10回、往復を考えると20回通っていることになります。その旅程はほぼ同じで、美濃国内では、今須(関ケ原町)で昼食、大垣で宿泊、翌日は起(一宮市)で昼食、名古屋で宿泊と、一泊二日で美濃路を通過していきました。大垣は使節が必ず泊まる地であり、宿所となったのは全昌寺(大垣市船町)などです。

●大垣藩と通信使
 使節を迎える各地では、接待にたいへん気を配りましたが、大垣藩も随分苦労したようです。大人数のための宿所や街道の整備、食料・道具・人馬の用意にはじまり、出迎えや見送り、到着時の挨拶など、経費も労力も莫大でした。群集する見物人にも配慮しなければならず、見物の場での作法や、集まる時刻についての注意も出されています。使節が泊まる全昌寺への出入りには、あらかじめ役所から渡された札を提示することが定められていましたが、使節見たさに規制をかいくぐって入り込む人も多かったことが、当時の記録に記されています。

●竹島町の朝鮮山車
 「鎖国」であった当時、異国情緒あふれる一大行列は大変珍しく、人々にも影響を与えました。竹島町にかつてあった朝鮮山車もそのひとつで、朝鮮通信使の行列を模した練り物でした。「清道」の旗を先頭に、笛・太鼓・羯鼓・胡弓などの楽隊と、山車上に乗った「大将官」の人形。その脇には小姓がひかえ、「朝鮮王 竹嶋町」の旗がつづきました。八幡宮の祭礼にひきだされた各町の車山の中でも、ひときわ目をひいたといいます。明治初期に、現在の「榊車山」にかえられましたが、朝鮮山車の豪華な刺繍をほどこした衣装や楽器、「大将官」の人形や旗は、岐阜県重要有形民俗文化財として今も残されています。


装束

朝鮮王の旗

大将官人形の頭

からくり人形

朝鮮山車の様子(『月岡画帖』)

榊軕

●美濃路
 垂井宿追分で中山道とわかれ、宮宿(熱田)で東海道に合流するまでの7宿を含むおよそ60キロの街道が、美濃路です。二大街道を結ぶバイパスとして栄えた道筋でした。途中にある木曽三川は、ふだんは渡し舟で渡りましたが、通信使のためには特別に、舟をつないでその上に板をわたした舟橋がかけられました。その堅固さは、まるで陸上を行くようだと、どの使節も感嘆したとされます。
 通信使が美濃路を通ったのは、1764年(宝暦14年)3月が最後でした。朝鮮通信使以外には、琉球使節が1714年(正徳4年)を最初として、1850年(嘉永3年)まで、たびたび美濃路を経て江戸まで往復しました。また、宇治茶を江戸に運ぶお茶壺道中も、美濃路をたどっています。変わった通行者としては、1729年(享保14年)の象があげられます。この象は中国船で長崎に着いたもので、各地で注目を浴びながら、美濃路経由で江戸に向かい、江戸城で将軍・徳川吉宗の見物に供されました。

●拾六村の豊年踊
 拾六村(現・大垣市十六町)には、豊年の秋に、紀州徳川家と通信使を模倣した大行列がくりだされました。「豊年踊」といわれたこの行列は、百数十名にもおよぶもので、伝えられた衣装をみると、ススキの穂や切り紙などで巧みに日常着をかざり、異国情緒をかもしだしています。


豊年踊
昭和30年当時の写真