ホーム > 西美濃イベント情報 > 三成ゆかりの地サミット

三成ゆかりの地サミット

三成ゆかりの地サミット

 関ケ原合戦において西軍・石田三成の本拠となった大垣城や、三成重臣・島左近が活躍した杭瀬川古戦場があり、 また、大垣城籠城戦を書き記した「おあむ物語」の舞台ともなった岐阜県大垣市において、関ケ原合戦や石田三成ゆかりの市町が参加する「三成ゆかりの地サミット」を開催します。
ちらし
[ちらし]
クリックすると新規ウィンドウで閲覧できます。
(PDFファイル)
とき 平成28年11月5日()・6日()
場所 大垣市総合福祉会館、大垣市中心市街地一帯


シンポジウム

とき 11月5日()
ところ 大垣市総合福祉会館5階ホール
参加料 無料
※シンポジウムに参加をご希望の方は、事前申し込みが必要です。


時間 項目
13:00~13:15 開会/オープニングアトラクション:甲冑パフォーマンス軍団 関ケ原組
13:15~13:30 主催者・来賓挨拶
13:30~14:30 基調講演
 演題:人間石田三成に迫る
 講師:伊東 潤(作家)
14:30~14:45 プレゼンテーション 岐阜県観光企画課
14:45~15:00 休憩
15:00~16:30 パネルディスカッション
 演題:歴史観光とまちづくり
~石田三成と関ケ原合戦の活用~
【コーディネーター】
 伊東 潤(作家)
【パネリスト】
 大久保 貴 (彦根市長)
 藤井 勇治 (長浜市長)
 平尾 道雄 (米原市長)
 西脇 康世 (関ケ原町長)
 中川 満也 (垂井町長)
 小川 敏 (大垣市長)
16:30~16:45 プレゼント抽選会/閉会


オープニングアトラクション
出演者:甲冑パフォーマンス軍団 関ケ原組

関ケ原を愛する有志が集い、関ケ原を拠点に活動する甲冑武者集団。関ケ原古戦場でのおもてなしや月1回の通常演武のほか、 昨年は東京、大阪、名古屋などにも遠征して演武を披露、着々と成長を続けている。
関ケ原組
基調講演
演題:人間石田三成に迫る
講師:伊東 潤 (作家)

「人間石田三成に迫る」をテーマに、三成の人物像や三成の戦略、大垣城を中心とした関ケ原合戦に至る経緯などを、歴史考証や講師独自の見解、今後の観光活用の可能性なども交えて講演します。

伊東 潤(作家)
1960年横浜市生まれ。2007年に「武田家滅亡」でメジャー・デビュー。戦国時代小説を中心に執筆。ビジネス業界に長く身を置いた経験を活かし、講演活動も行う。石田三成については著書「敗者列伝」の中などで触れている。
伊東 潤
パネルディスカッション
演題:歴史観光とまちづくり ~石田三成と関ケ原合戦の活用~
コーディネーター:伊東 潤(作家)
パネリスト:彦根市長、長浜市長、米原市長、関ケ原町長、垂井町長、大垣市長


岐阜県と滋賀県の6市町の首長が参加し、はじめに石田三成や関ケ原合戦の史跡や関連資源を活かした観光振興・まちづくりの事例を紹介し、続いていくつかのテーマについて意見交換します。
プレゼント抽選会
 参加市町の特産品や土産品、戦国グッズ等を抽選でプレゼント!



参加者募集要項

募集定員 先着250名
申込期限 平成28年10月9日(日)
※ただし、定員になり次第受付を終了いたします。
申込方法 参加の事前申し込みは終了しました。


関連イベント

(1)戦国観光交流物産展
とき 平成28年11月5日()、6日() 10:00~15:00
ところ 5日:奥の細道むすびの地記念館イベント広場
6日:元気ハツラツ市会場内(大垣駅通り)
内容 三成ゆかりの地サミット参加自治体等による観光交流物産展の開催

(2)芭蕉元禄大垣きもの園遊会
とき 平成28年11月6日() 10:00~15:00
ところ 大垣駅通り、本町通り、美濃路 ほか
内容
  1. タレントトークショー(出演者:橋本 マナミ)
  2. きもの園遊会スタンプラリー
  3. お楽しみ抽選会
  4. 大茶会
  5. 写真撮影会